ぽっちゃりさんと出会う恋愛徒然草

ぽちゃまに、という漫画がお勧めです

ぽちゃまに、という漫画がお勧めです

 

わたしは自他ともに認めるぽっちゃりさんで150センチ50キロちょっとあります。

 

見た目は着やせする方なのか分からないのですが、標準体重だと勘違いされることもあります。
ですが、服を脱ぐと、けっこうむにゅむにゅしており、お腹にもお肉がついていたりします。

 

子どものころはからかわれたりしていましたが、最近立ち直り、うれしいことに人生初の彼氏が出来ました。
ほんとうに、こんなわたしでも、という感じです。

 

最近はまっている少女漫画で「ぽちゃまに」というのがあるのですが。
これがまさに、ぽっちゃりさんに希望を与える内容なんです。
ぽっちゃりさんの、地味でいけてない主人公の前に年下の格好いい彼氏が現れる! というご都合主義なお話です。

 

なんだか自分の経験と重なっていて、この漫画が最近のバイブルみたいになっています。
べつに泣かなくてもいいような場面で泣いてしまったりします。

 

ぽっちゃりで悩んでいる人、なかなかダイエットがうまくいかなくて自暴自棄気味な人に、この漫画を勧めたいですね。
ぜったい、いいことあるよ、いい人と巡り合えるよ、と伝えたいですね。

○○フェチ

世の男性には、ぽっちゃり好きを豪語する、ぽっちゃり女子にとってたいへんありがたい殿方がおられますが、何もぽっちゃり好きとまではいかずとも、○○フェチと呼ばれる方はそこら中におります。

 

ぽっちゃり女子にとって、最も救いと呼べる殿方の性癖は、ずばり二の腕フェチと言えましょう。

 

二の腕フェチを名乗る男性は、大抵細身の方が多く、女性の二の腕の柔らかさにお母さんのおっぱいのような安心感を感じるのだそうです(全ての人に当てはまることではありません)。
正々堂々と巨乳好きを名乗る男性の群れの中でも、二の腕フェチ率はじわじわと高いようです(統計はありません)。

 

ぽっちゃり女子ならば、当然二の腕もちょうどいいまくらになるくらいに安定感があり、触り心地も抜群です。

 

意中のぽっちゃり愛好家、もしくは二の腕フェチの男性をおびき寄せて、「腕まくらしてあげる」なんて耳打ちをした日には、彼らもイチコロなのではないでしょうか(おそらく個人差はあります)。

関連ページ

何故、「ぽっちゃり」が好きか、と考えてみたら・・・
ぽっちゃり系の彼女が欲しいなら、そのためのテクニックを学びましょう。どんなほめ方がいいのか、どんなデートコースがいいのか、どんな告白の仕方がいいのか、などなど。
外見で人を判断していたのは私だった
ぽっちゃり系の彼女が欲しいなら、そのためのテクニックを学びましょう。どんなほめ方がいいのか、どんなデートコースがいいのか、どんな告白の仕方がいいのか、などなど。
ぽっちゃりさんの国際恋愛
ぽっちゃり系の彼女が欲しいなら、そのためのテクニックを学びましょう。どんなほめ方がいいのか、どんなデートコースがいいのか、どんな告白の仕方がいいのか、などなど。
人生最高のぽっちゃり期に運命の人と出会いました
ぽっちゃり系の彼女が欲しいなら、そのためのテクニックを学びましょう。どんなほめ方がいいのか、どんなデートコースがいいのか、どんな告白の仕方がいいのか、などなど。